普段は比べられることのない医療保険の「三大疾病保険料払込免除」を条件で比較してランキング!

三大疾病等を対象にした「保険料払込免除特約」をランク付け!

・更新日:2018年11月3日 ・公開日:2017年7月12日

 

検査を受ける男性

医療保険にはさまざまな特約が存在します。
そうした特約の中でも、私が特に重要だと考えている物の1つが「保険料払込免除」です。

 

保険料払込免除とは、条件に該当した疾病などになった場合に、それ以後の保険料の払込が免除される制度です。
もちろん、保険料が免除された後も保障が継続できるので、万一の場合の金銭的負担を大きく減らすことができます。

 

保険料免除制度は2種類ある

こうした保険料払込免除制度には2つの種類があります。
1つは「両目の失明」や「片腕・片足の欠損」等、身体に障害が生じた場合を対象としたもので、こちらはほぼすべての医療保険で基本保障に含まれています。

 

もう1つは、「がん・心疾患・脳血管疾患」といった三大疾病を対象とした保険料の払込免除制度です。
こちらは特約となりますが、主契約の保険料払込免除よりも適用範囲がグッと広くなります。
今回は、この「三大疾病等を対象とした保険料払込免除」を比較してランク付けしていきます。

 

どのように比較していくのか

比較方法の説明

「三大疾病等を対象とした保険料払込免除」は、医療保険によって対象となる疾病や、適用になる条件に大きく違いがあります。

 

「急性心筋梗塞」で入院した場合でも、Aという医療保険では保険料が免除されるのに、Bという医療保険では免除されなかったということも起こりえます!

 

今回比較をするにあたっては、医療保険ごとに「三大疾病」の対象範囲と適用条件をどのように定義しているかで疾病ごとに5点満点で点数を付けました。
具体的な点数表は以下で記載しますが、5点×3疾病+αで16点満点となっています。

 

がん

がんは、三大疾病保険料免除の中では、適用条件に大きな違いがない疾病です。
そのため、次の3つに分けて点数を付けています。

ランク 点数 適用条件
S 5点 「悪性新生物」または「上皮内新生物」の診断確定時点
(上皮内新生物も対象となるのがポイント)
B 3点 悪性新生物の診断確定時点
D 1点 悪性新生物の診断確定後の入院時点

 

「心臓」と「脳血管」

「心臓」に関する疾患

心臓に関する疾病は、疾病の対象範囲が「心疾患」と「急性心筋梗塞」の2種類があります。
「心疾患」の方が対象とする疾病の範囲が広くなります。

 

そして、適用条件が主に3種類に分けられるので、次のように条件の緩やかさ順で6段階で点数を付けています。

ランク 点数 対象 適用条件
S 5点 心疾患 入院したとき
A 4点 急性心筋梗塞
B 3点 心疾患 「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
C 2点 急性心筋梗塞
D 1点 心疾患 「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「60日以上の労働制限状態と診断」
E 0点 急性心筋梗塞

 

脳血管に関する疾患

脳結果に関する疾病も、疾病の対象範囲が「脳血管疾患」と「脳卒中」の2種類があります。
そのため、心臓に関する疾患と同様に次の6種類で分類しています。

ランク 点数 対象 適用条件
S 5点 脳血管疾患 入院したとき
A 4点 脳卒中
B 3点 脳血管疾患 「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
C 2点 脳卒中
D 1点 脳血管疾患 「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「60日以上の言語障害、運動失調、麻痺等と診断」
E 0点 脳卒中

 

ランクの+の扱いについて

「心臓」と「脳血管」に関する疾患では、A+のようにランクに+を付けたものがあります。
これは、基本となるAランクよりも少しだけ条件面で優れている場合につているものです。
点数として0.25点加点しています。

 

その他の疾病

一部の医療保険では、三大疾病だけではなく他の疾病でも保険料が免除されるものがあります。
そうしたものについては、1点を加点するようにしています。

 

ランキング結果早見表

では、ランキング結果を発表していきます。
医療保険を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。
(以下のリンクをクリックしていただくと、ランキング表の各順位に移動できます。)

 

医療保険の「三大疾病保険料免除条件」ランキング!

合計得点

13点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
心疾患 S
5点
入院したとき
脳血管疾患 S
5点
入院したとき
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 345円 30歳女性 350円
40歳男性 690円 40歳女性 565円
50歳男性 1,550円 50歳女性 1,000円
60歳男性 3,755円 60歳女性 1,920円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院60日型 主契約のみ 終身払い

 

三井住友海上あいおい生命『&LIFE 新医療保険Aプラス』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳」に関する疾病の範囲が「心疾患」、「脳血管疾患」と広く設定されており、なおかつ給付条件が「入院したとき」と非常に緩やかな条件となっている。この条件は、医療保険の「心臓」と「脳血管」に関する保険料免除条件では最も優しいものとなっている。

現状、「がん」に関する適用条件がメディケア生命の「メディフィットA」以外はほぼ全て横並びであることを考えると、この保険が最も保険料免除が受けやすい医療保険と言っても良いだろう。

ただ、保障が手厚い分、保険料免除の特約料は高め。特に60歳男性の金額は高額となっている。

 

合計得点

12.5点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
急性心筋梗塞
拡張型心筋症
A+
4.25点
「所定の手術を受けた」
または
「治療のための入院」
脳卒中
脳動脈瘤
A+
4.25点
「所定の手術を受けた」
または
「治療のための入院」
その他の疾病 有り
1点
慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患が対象
条件は、疾病を原因とした別の症状(動脈破裂など)の手術

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 375円 30歳女性 415円
40歳男性 590円 40歳女性 550円
50歳男性 1,040円 50歳女性 785円
60歳男性 2,040円 60歳女性 1,225円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院60日型 入院Ⅱ型 手術あり型 入院一時金無し 終身払い

 

朝日生命『スマイルメディカルネクストα』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳血管」の疾病が限定されてはいるが、他に「拡張型心筋症」と「脳動脈瘤」も対象となっている。また、給付条件も「手術」または「入院」であり非常に緩やか。

三大疾病だけではなく、他にも4つの疾病も対象となっているのが特徴的。ただし、4つの疾病については条件はかなり厳しく、その疾病を原因とした他の症状(胃静脈瘤破裂や大動脈瘤破裂等)の診断か、その治療のための手術を受けた場合となっている。

保障が手厚く対象となる疾病も多いが、特約料が安いのは良心的。

 

 

合計得点

11点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
急性心筋梗塞 A
4点
治療を目的として入院を開始
脳卒中 A
4点
治療を目的として入院を開始
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 130円 30歳女性 135円
40歳男性 320円 40歳女性 300円
50歳男性 670円 50歳女性 480円
60歳男性 1,275円 60歳女性 805円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院60日型 主契約のみ 終身払い

 

チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳」の対象が特定の疾病に限定されてしまってはいるが、条件が「治療を目的として入院を開始したとき」となっており、条件面では最も緩やかなものとなっている。

なお、特約料金も条件が緩やかな割には割安なものとなっている。女性の場合は、60歳の加入でも1,000円以下なのは驚異的。この医療保険に加入する場合にはぜひつけておきたい。

 

 

合計得点

9点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
心疾患 B
3点
「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
脳血管疾患 B
3点
「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 220円 30歳女性 268円
40歳男性 410円 40歳女性 410円
50歳男性 744円 50歳女性 576円
60歳男性 1,583円 60歳女性 936円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 主契約のみ 終身払い

 

メットライフ生命『フレキシィS』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳」に関する対象が「心疾患」と「脳血管疾患」と設定されており、対象範囲が広くなっている。
また、条件も「20日以上の入院」となっており、比較的緩やかな方。

特約料金も安い方であるため、50歳くらいまでの加入であればそこまで負担感なく付けることができる。ただし、三大疾病の保険料免除特約は、インターネットでの通販加入の場合は付けることができないため要注意。付けたい場合は、保険相談サービス等の対面加入が必須。

 

 

合計得点

9点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
心疾患 B
3点
「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
脳血管疾患 B
3点
「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 270円 30歳女性 310円
40歳男性 510円 40歳女性 540円
50歳男性 1,160円 50歳女性 765円
60歳男性 2,600円 60歳女性 1,065円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院60日型 手術Ⅲ型 主契約のみ 終身払い

 

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳」に関する疾病の範囲が「心疾患」、「脳血管疾患」と広く設定されている。

また、給付条件は「20日以上の入院」となっており、条件は比較的緩やかな方。

条件面ではメットライフ生命のフレキシィSと同様だが、特約料がこちらの方が高額となっている。特に60歳男性の特約料は驚異的な金額。
(ただし、こちらの方が手術給付の上限金額が多かったり、フレキシィSには主契約に先進医療保障が含まれていたりするので厳密には全く同じ条件ではない。)

 

 

合計得点

9点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
D
1点
診断確定された後の入院開始
悪性新生物のみが対象
急性心筋梗塞 A
4点
治療を目的とした入院の開始
脳卒中 A
4点
治療を目的とした入院の開始
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 188円 30歳女性 210円
40歳男性 415円 40歳女性 413円
50歳男性 907円 50歳女性 812円
60歳男性 1,853円 60歳女性 1,560円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 手術給付金有り 主契約のみ 終身払い

 

アクサダイレクト生命『アクサダイレクトの終身医療』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳」に関する疾病の範囲は疾病が限定されており対象範囲が狭くなっている。ただ、給付条件は「入院の開始」時点と緩やかな条件となっている。

「がん」については、診断確定だけではなく「入院の開始」も条件となっており、他の医療保険よりはやや厳しめ。
がんの条件が厳しい点はやや気になるが、心臓と脳血管については優しめの条件であり、特約料も50歳くらいまでなら保障内容の割にはそこまで高額ではないため、加入時には付けておきたい。

なお、「フレキシィS」と「メディカルKit NEO」とは同点数となっているが、対象となる疾病の範囲の広さや特約料の金額を考慮して、こちらを6位とした。

 

 

合計得点

7点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
急性心筋梗塞 C
2点
「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
脳卒中 C
2点
「所定の手術を受けた」
または
「継続20日以上の入院」
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 165円 30歳女性 200円
40歳男性 310円 40歳女性 295円
50歳男性 660円 50歳女性 475円
60歳男性 1,355円 60歳女性 770円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院60日型 主契約のみ 終身払い

 

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳」に関する疾病の範囲は「急性心筋梗塞」と「脳卒中」に限定されている。

給付条件は「20日以上の入院」となっており、給付条件は比較的緩やかな方。

心臓と脳に関する疾病が限定されてはいるが、その分特約料は安めとなっている。この医療保険に加入する場合には付けておきたい。

 

合計得点

5.5点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
急性心筋梗塞
拡張型心筋症
D+
1.25点
「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「30日以上の労働制限状態と診断」
脳卒中
脳動脈瘤
D+
1.25点
「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「30日以上の言語障害、運動失調、麻痺等と診断」
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 280円 30歳女性 353円
40歳男性 468円 40歳女性 512円
50歳男性 802円 50歳女性 675円
60歳男性 1,368円 60歳女性 875円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院60日型 手術:入院中5万円 タバコ:吸わない 終身払い

 

ネオファースト生命『ネオdeいりょう』の保険料免除の総評

「心臓」と「脳血管」の疾病が「急性心筋梗塞」と「脳卒中」に限定されてはいる。

給付条件は「30日以上」の労働制限や言語障害となっており、他社でよくある「60日以上」の条件よりは優しいものとなっているが、入院が条件のものと比べると厳しい条件だといえる。

特約料は安めだが、あくまでタバコを吸わない人の場合の特約料であるため、タバコを吸う人の場合には値上がりする点には注意が必要。

 

 

合計得点

5点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
S
5点
診断確定された時点
悪性新生物と上皮内新生物が対象
急性心筋梗塞 E
0点
「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「60日以上の労働制限状態と診断」
脳卒中 E
0点
「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「60日以上の言語障害、運動失調、麻痺等と診断」
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 301円 30歳女性 414円
40歳男性 559円 40歳女性 614円
50歳男性 1,187円 50歳女性 727円
60歳男性 2,653円 60歳女性 1,587円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院Ⅰ型 主契約のみ 終身払い

 

メディケア生命『メディフィットA』の保険料免除の総評

メディフィットAの三大疾病保険料免除の最大の強みは「上皮内新生物(初期がん)」も対象になること。今のところ、保険料免除で上皮内新生物が対象となる医療保険はメディフィットAだけ。

ただしその代わりなのか、心臓と脳血管に関しては対象となる疾病が限定されており、条件ももっとも厳しく、パラメーターをがんに全力で振り切ったような格好になっている。

とは言え、上皮内新生物が対象となるのは魅力的。保障内容そのものが気に入るようだったら、保険料免除は必ずつけておきたい。

 

 

合計得点

3点/16点

 

三大疾病 保険料払込免除条件
対象の疾病 評価 適用条件
がん
B
3点
診断確定された時点
悪性新生物のみが対象
急性心筋梗塞 E
0点
「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「60日以上の労働制限状態と診断」
脳卒中 E
0点
「公的医療保険対象の手術を受けた」
または
「60日以上の言語障害、運動失調、麻痺等と診断」
その他の疾病 - 上記3疾病が対象

 

特約料金
年齢性別 特約料金 年齢性別 特約料金
30歳男性 240円 30歳女性 265円
40歳男性 392円 40歳女性 367円
50歳男性 660円 50歳女性 480円
60歳男性 1,009円 60歳女性 599円

【特約料計算条件】入院日額5,000円 入院60日 先進医療保障 終身払い

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』

「心臓」と「脳」の対象となる疾病は限定されている。

給付条件は、60日以上の労働制限や言語障害等となっており、医療保険の三大疾病を対象とした保険料払込免除の中では最も厳しい条件となってしまっている。

条件が厳しさを考慮すると、特約料金も安いとは言い難い金額設定となっている。

保険料免除条件だけでは決められないけど、できるだけ条件が良い医療保険を選びたい

ここまで見ていただいてお分かりのとおり、一言で「三大疾病保険料払込免除」と言っても、条件が同じものはほとんどありません。
医療保険ごとに疾病の対象範囲や、適用条件の組み合わせがバラバラです。

 

医療保険を検討する際には、「どんな場合にいくら受け取れるのか」という点はしっかりと検討されますが、保険料払込免除についてはそこまで深く検討しないことが多かと思います。
でも、いざという時に自分の金銭的負担をどれだけ軽減できるのかということも同じくらい重要です。

 

保険料払込免除は、重たい病気の際に家計負担を抑えてくれる大切な保障です。
そのため、病気になった際の保険料免除の受けやすさ、というのも医療保険を検討するうえでの1つのポイントだといえます。

 

他の保障内容も踏まえて総合的に判断したい

FP吉田のポイント説明

とはいっても、三大疾病保険料払込免除だけで医療保険を決めることはできません。
基本的な保障内容や、自分の希望に合う特約全体の保険料などを総合的に判断して加入するものを選ぶ必要があります。

 



医療保険加入前に知っておいてほしいポイント!

健康状態が不安な場合の告知のコツ

カルテ

健康状態が不安な場合には医療保険加入に苦労する場合があります。ただ、告知への臨み方次第で加入できる場合があります。私が行ったコツをご紹介します。


健康状態が不安な場合の告知のコツ

医療保険加入時に医師の診断は必要?

医師の診察

医療保険を申し込む際には医師による診断を受ける必要はあるのでしょうか?医師による診察の有無と、健康状態に関する加入時の注意点をご紹介します。


医療保険加入時に医師の診断は必要?



医療保険の相談・加入には何が必要?

申込時の持ち物

医療保険の相談する際に役に立つ持ち物や、その後、加入申し込みをするときに必要になる持ち物があります。何が必要になるのか具体的にご紹介します。


医療保険の相談・加入には何が必要?

医療保険選びで使った保険相談ランキング!

ランキング

私と妻が、医療保険探しの際実際に相談した複数の無料保険相談サービスをランキングにまとめました。プレゼントキャンペーンを行っている保険相談も紹介します!


保険相談ランキング!2018年版


 

ただ、甲乙つけがたいという程度まで候補が絞れてきた場合には、三大疾病保険料払込免除の条件の優劣を決め手にしてみても良いでしょう。
他の内容が良い勝負であったとしても、保険料免除条件では全く異なっていた、ということも大いにあり得ます。

 

繰り返しとなりますが、保険料払込免除は、いざという時の出費を減らすための保障です。
万一病気になって収入が激減してしまった際には、出ていくお金を少しでも減らすのは重要です。
私は、このことを父ががんになった際に痛感しました。

 

ぜひ、三大疾病保険料払込免除の事も考慮して、ご自分が納得できる医療保険を見つけてみてくださいね。
このページが、あなたの医療保険選びに少しでもお役に立てばとても嬉しいです。

 





医療保険加入前に知っておいてほしいポイント!

健康状態が不安な場合の告知のコツ

カルテ

健康状態が不安な場合には医療保険加入に苦労する場合があります。ただ、告知への臨み方次第で加入できる場合があります。私が行ったコツをご紹介します。


健康状態が不安な場合の告知のコツ

医療保険加入時に医師の診断は必要?

医師の診察

医療保険を申し込む際には医師による診断を受ける必要はあるのでしょうか?医師による診察の有無と、健康状態に関する加入時の注意点をご紹介します。


医療保険加入時に医師の診断は必要?



医療保険の相談・加入には何が必要?

申込時の持ち物

医療保険の相談する際に役に立つ持ち物や、その後、加入申し込みをするときに必要になる持ち物があります。何が必要になるのか具体的にご紹介します。


医療保険の相談・加入には何が必要?

医療保険選びで使った保険相談ランキング!

ランキング

私と妻が、医療保険探しの際実際に相談した複数の無料保険相談サービスをランキングにまとめました。プレゼントキャンペーンを行っている保険相談も紹介します!


保険相談ランキング!2018年版