女性のための充実した医療保障が得られる「女性保険」を分かりやすく紹介!

>  > 女性の充実保障が得られる『女性保険』

女性のための充実した保障が得られる「女性保険」

説明するFP吉田

 

女性のための医療保障として注目度が高まっているのが「女性保険」です。
数多くの保険会社が女性向けの医療保険を販売するようになりました。

 

ただ、一言で「女性保険」と言ってもその内容は保険会社によって違いがあります。
そのため、良い女性保険を選ぶためには、その仕組みや選び方のポイントをおさえてく必要があります。

 

そこで、保険加入を考える女性の方に向けて、女性保険を分かりやすくご説明していきます。


 

「女性保険」とはどんな保険?知っておきたい基礎知識と選び方

女性保険は保険会社ごとに異なる

女性保険は「女性の病気(女性疾病)」を手厚く保障する医療保険です。
男女共通の医療保険に加えて、女性疾病での入院などを手厚く保障してくれます。

女性保険の基礎的仕組み

 

ただ、先ほども少しご紹介したとおり、「女性保険」は全ての保険会社で同じ内容ではありません。
主に次のような点で違いがあります。

  • 保障対象となる女性疾病の種類
  • 保障される内容

 

これらは言葉にしてしまうとわずかな違いに感じますが、実際には保障の大きさに関わってくるため非常に大きな違いとなります。

 

妊娠・出産等との関係もある

妊婦さん

また、女性が保険選びを行う際に特に重要なポイントに「妊娠・出産」があります。
女性保険を選ぶ際には、妊娠・出産の保障をどのように考えるかも関係してきます。

 

この、妊娠・出産に関しての扱いは女性保険での原則はありますが、ただ例外的な保障内容となっている女性保険も存在します。

 

このように、女性保険は実は男女共通の医療保険よりも、最初に知っておきたいポイントが多くなっています。

 

こうした女性保険の基礎的な点については、以下のページでより掘り下げてご紹介しています。

 

女性保険の基礎知識~女性の病気への手厚い備え~

 

基礎知識を踏まえた上での選び方のポイント

女性保険についての基礎的なことが分かったら、次はそれを踏まえて具体的にどう選んで行くかが重要になります。
一例となりますが、選び方を考える際のポイントとして次のようなものがあります。

  • 終身タイプと定期タイプのどちらを選ぶべきなのか?
  • 女性疾病の保障範囲にはどんな違いがあるのか?
  • 妊娠時の保障は必要なのか?

 

こうした女性保険で違いが出やすい点や、加入後に変更できない点に注意しながら女性保険を選んで行く必要があります。

 

以下のページでは、具体的に選び方のポイントを5つ挙げてご説明しています。
女性保険の選び方を見ていきましょう。

 

女性保険の選び方~保障期間?出産?何が重要?~

数多くの女性保険を女性保障の良し悪しでランク付け!

ランキングno1

私自身、妻の保険選びを行う際にさまざまな女性保険を検討しました。

 

その時の経験を踏まえ、女性保険選びのポイントと男女共通の保障部分に着目して、特に女性向けの保障の良し悪しを中心に女性保険のランキングを作成しました。
また、よくある女性保険ランキングとは異なり、「男女共通の医療保険に女性特約を付けた場合」も比較対象に含めています。

 

そのため、特に女性のための医療保障選びでお役に立てるランキングとなっています。
ぜひ、女性保険検討時にご参考にしていただければ幸いです。

 

FPが選ぶ女性保険ランキングBest18!2018年最もおすすめはどれ?

女性保険は加入申し込み時点でも注意が必要

保険申込みを行う女性

女性保険選びで重要なのは、加入申し込みを行うタイミングについても同様です。
女性にはに男性にはない保険加入時に気を付けたいポイントがあります。
それは「過去の出産歴」についてです。

 

過去に帝王切開での出産歴がある場合、一定期間保障が受けられない期間が生じます。
更に、その期間や保障が受けられない部位が保険会社ごとに異なります。
そのため、できるだけ保障が制限されない女性保険に申し込む必要があります。

 

またここまでご紹介してきたとおり、女性保険は男女共通の医療保険に加えて「女性疾病」も保障対象となります。
女性保険では、その女性疾病の充実度も選ぶ際の重要なポイントとなりますが、実は女性疾病の違いをより確実に知る方法もあります。

 

女性保険加入は、無事に保険証券が届くまで終わりではありません。
加入申し込み時に気を付けてほしいポイントと、おすすめの加入方法をご紹介します。

 

女性保険の加入申込み前に知っておきたいポイント!

必ず女性保険である必要はないが女性のための充実保障が得られる

そもそも論となりますが、女性は必ず女性保険に入らなければいけないわけではありません。
入院時や手術時の保障が得たいのであれば、男女共通の医療保険でも保障は得られます。

 

では、女性保険のメリットはなんであるかというと、女性のための充実した保障が得られるという点です。
女性保険では、男女共通の医療保険に加えて、所定の女性疾病や男女共通のがんでも通常の医療保険よりも手厚い保障が得られます。

 

そのため、特に将来の入院等に備えたい女性の方には女性保険をおすすめします。
うまく特約を付ければ、女性保険だけで手厚くがんに備えることも可能です。

 

ぜひ、さまざまな女性保険を見て加入するかどうかを検討してみてください。
ただし、女性の方には「妊娠する前」に保険加入を行っていただきたいです。
そうすることで、安心して出産に備えることもできます。

 

私自身、妻の保険選びを通して、女性のための保障の必要性を感じています。
このサイトを通して、女性の方が医療保障を検討する際のお役に立てれば幸いです。