時間とお金がかかるがん治療の大きな支えとなる「がん保険」と分かりやすさにこだわってご説明します!

>  > がん治療を支える『がん保険』

がん治療を金銭面から支える「がん保険」

良いがん保険に出会う方法をとにかく分かりやすく!

説明するFP吉田

 

最近、医療保険と並んで知名度が高まっているのが「がん保険」です。
がんに罹患された有名人の方がテレビCMをやっていることもあり、1日に一度は目にされるのではないでしょうか。

 

がん治療は、多くの疾病の治療の中でも特にお金がかかり、また日本人の死因第一位でもあることから、がん保険で備えておくことは大切です。
実際に私もがん保険に加入しています。

 

そんながん保険について、基礎的な仕組みから選び方、おすすめ商品の比較まで、良いがん保険に出会うための方法をご説明していきます。


 

がん保険の基礎的仕組みは変わってきている!

がん保険の基礎的仕組みの説明

各種生命保険には「基本保障」と言われる、その保険で多くの人が加入するベースとなる保障があります。
その基本保障ですが、実はここ数年がん保険では変化が起きています。

 

変化が起きている理由は、がんの治療方法そのものが変わってきているからです。
そのため、治療方法の変化に合わせて、がん保険にも変化が起きているのです。

 

がん保険を上手に選ぶためには、まず簡単にでも基本的な仕組みを知っておくことが必要です。
ただ、基本的な仕組みは変わってきているため、現在のがん保険に合わせた内容を知っておくことが重要です。

 

そこで、保障内容の変化を踏まえた、現在のがん保険の基本的な仕組みを分かりやすくご説明します。

 

がん保険の基礎知識~治療法と共に変わるがん保険~

がん保険を選ぶためのポイント!

がん保険を選ぶ男性

がん保険を選ぶにあたっては、抑えておきたいポイントがいくつかあります。
例えば、3つに分けることができるがん保険の保障タイプの違いであったり、上皮内新生物(初期がん)への保障の必要性であったりと言ったポイントです。

 

がん保険は保険会社によって保障を厚くしている部分に違いがあります。
そのため、どんな保障がほしいかによって、検討候補として選ぶべきがん保険が変わってきます。

 

そこで、がん保険で違いが出やすい点から、知っておくと困らないがん保険選びのポイントをご紹介します!

 

がん治療の変化に合ったがん保険の選び方のポイント

おすすめのがん保険ランキング!

ランキングno1

一言で「がん保険」と言っても、メインとする保障により複数のタイプに分かれます。
そのため、どれが優れているかを簡単に決めることは意外と難しいです。

 

そこで当サイトでは、がん保険をメインとする保障ごとに複数のタイプに分け、更に主契約や特約保障、保険料の安さを軸におすすめできる順でランキングにまとめました。
また、がん保険で重要となる「がん診断一時金と「通院保障」の給付条件を細分化し、それぞれの保障の良さもランキングにしてまとめています。

 

とにかく客観性を重視したため、以前私が加入したがん保険は、その後登場したがん保険に順位を抜かれるという結果となりました。
良いがん保険を探す際の参考にしていただければ幸いです。

 

FPが選ぶがん保険ランキングBest21!2018年最もおすすめはどれ?

がん保険を申し込む際のポイント!

申し込み時の名刺交換

がん保険は、医療保険に比べればがん以外の病歴はさほど重視されないため、比較的加入しやすい保険です。
ただ、だからと言って、申し込みの際の健康状態の告知をないがしろにしてしまうと、いざ保険を使う時に困ってしまうことになりかねません。

 

せっかく良いがん保険を見つけられても、それに加入することができなかったり、いざ使う時に問題があったのでは意味がありません。
そのため、正しく加入申し込みをして、保険証券が家に届くまで気を抜けません。

 

がん保険申込み時のポイントや、私自身も行ったがん保険加入方法をご紹介します。

 

がん保険申込みのポイント!加入完了まで油断は禁物

長いがん治療に備えてがん保険は必須

進行度を示すステージにより受ける治療は異なりますが、がん治療は時間がかかります。

 

比較的初期の段階のがんであっても、「完治」というためには5年間再発しないことが必要です。
そのため、その5年の間に経過観察や検査のために病院に通い続ける必要があります。

 

また、症状が進んでいる「進行がん」の場合には、複数回の放射線治療や薬物治療を行うことになります。
そのためこちらも治療のために、複数回入院や通院を行うこととなります。

 

私は、両親ががんになり、治療のためにお金や時間がかかるのを目の当たりにしてきました。
しかし、保険に入っていたことでお金の面でかなり救われたことも実体験として感じました。

 

こうした経験もあり、私自身もがん保険には加入しています。
医療保険で特約を付けて備える方法でも構いませんが、ぜひがんになった時の備えの事は考えておいてほしいです。
このサイトを通して、少しでもそのお役に立てればと思っています。