「ネオdeいりょう+女性特約」を女性保険として使うメリット・デメリット

ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」の女性特約はおすすめ?

悩む女性

 

女性保険を探しているんですが、ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」に女性特約を付けてはいるのはおすすめですか?

 

タバコを吸わないと保険料が安くなると聞いたんですが…。


 

こんにちは!
ファイナンシャルプランナー兼サラリーマンのFP吉田です。

 

ポイントを説明するFP吉田

ネオファースト生命は「女性保険」というくくりで保険を販売してはいませんが、医療保険の「ネオdeいりょう」に「女性疾病入院特約」を付けることで、よくある女性保険と同様の機能を持たせることができます。

 

そんな、ネオdeいりょう+女性特約ですが、残念ながら加入はおすすめできません。
女性のための保障内容は悪くないのですが、女性保険としては保険料が高めとなってしまいます。

 

このページでは、ネオdeいりょうを女性保険として使う場合の特徴や、メリット・デメリットなどを分かりやすくご紹介していきます。
では、はじめましょう!

 

 

 

「ネオdeいりょう+女性特約」の特徴!

  • 女性保障の内容は「入院給付の上乗せ」
  • 上乗せ保障対象となる女性疾病の種類が多い
  • 喫煙の有無を対象とした割引が有る
  • ただし、もともとの保険料が高いため割引後でもやや割高
  • 妊娠中でも週数に関係なく加入申込みが可能
  • 入院時の保障だけ、というシンプルな内容でも加入できる

「ネオdeいりょう+女性特約」の基本情報

ネオファースト生命「ネオdeいりょう」のロゴ

まず簡単に、「ネオdeいりょう+女性特約」について

  • 加入できる年齢
  • 申し込み方法

等の基本的な情報をご紹介します。

 

情報項目 内容 備考
保険の保障される期間 ・終身(亡くなるまで)
保険料の払込期間 ・60歳まで
・65歳まで
・終身払い
加入可能な年齢 ・20歳~85歳
加入申込み方法 郵送
インターネット ×
対面加入 保険ショップなど
保険料支払い方法 ・口座引落し
・クレジットカード払い
保険料払い込み方法 ・毎月払い
・年払い
保険料の払込免除制度 有り
付帯サービス 健康相談サービス
資料がほしい場合 インターネットから取り寄せ可能

 

ネオdeいりょう+女性特約は妊娠中でも入れる?

妊娠中の場合、ネオdeいりょう+女性特約では妊娠中でも週数に関係なく加入することができます。

 

ただし、加入時には以下の症状が保障されない特別条件が付きます。

  • 異常妊娠(妊娠中毒症、子宮外妊娠等)
  • 異常分娩(帝王切開、吸引分娩等)

この特別条件の期間は加入から1年間となっています。
そのため、その時の妊娠では保障されませんが、次回の妊娠からは保障が受けられます。

喫煙・非喫煙の場合の年代別保険料

保険料を説明する女性

ネオdeいりょうに女性特約を付けた場合の5歳ずつの保険料をご紹介します。
保険料は、女性保険を選ぶ場合の要素の1つであるため、重要なポイントです。

 

保険料を計算するにあたっては次の条件で行っています。

  • 保険料:喫煙者の場合
  • 保険料払込:終身払い(定額プラン)
  • 入院:1日5,000円、60日型
  • 特約:女性疾病入院特約、手術保障特約、先進医療特約

 

なお、ネオdeいりょうでは、タバコを吸っていない場合には保険料の割引が受けられます。
上記の保険料の条件は喫煙者の場合のものであるため、割引が適用された場合の保険料を()書きで記載します。

 

ネオdeいりょう+女性特約の年齢別保険料

加入年齢 女性の保険料
20歳 2,434円
(2,004円)
25歳 2,592円
(2,197円)
30歳 2,719円
(2,324円)
35歳 2,869円
(2,429円)
40歳 2,602円
(3,137円)
45歳 3,542円
(2,912円)
50歳 4,063円
(3,333円)
55歳 4,751円
(3,856円)
60歳 5,632円
(4,507円)
65歳 6,690円
(5,320円)

ネオdeいりょうの女性特約の内容

ネオdeいりょうの女性特約は「入院上乗せ」

ここからは、ネオdeいりょうの女性特約の保障内容をご紹介します。

 

ネオdeいりょうの女性特約では、所定の女性疾病等で入院した場合に、主契約の入院給付金とは別に、女性特約から「入院給付金」が支払われます。
給付される金額は、入院1日に対して3,000円~20,000円の間で1,000円単位で設定できます。

 

もし、主契約の入院給付が1日10,000円の場合で、女性特約の入院給付を5,000円にした場合、2つをあわせて15,000円が給付されます。

 

ネオdeいりょうの女性特約の保障内容

 

この女性特約の入院給付は、1入院あたり60日または120日(主契約の入院給付と同一期間)を限度に、保険全体で通算1,095日まで保障されます。

 

女性特約の対象となる疾病

ネオdeいりょうの女性特約で保障の対象となる女性疾病は、大きく分ける次の3種類の疾病となります。

  1. 女性特有の疾病
  2. 女性に多い疾病
  3. 全てのがん

より具体的に、疾病の種類によって分類すると、「ネオdeいりょうの女性疾病」で保障対象となるのは次のような疾病です。
(以下の分類は、他の女性保険も参考に当サイトで分類したものです。)

 

ネオdeいりょうの女性疾病の対象

疾病の分類 対象の可否 主な疾病
がん 全てのがん(悪性・上皮内)
特定の良性新生物 乳房・子宮筋腫・腎尿路等
乳房・女性性器の疾患 女性骨盤臓器の炎症性疾患等
腎尿路の疾患 腎不全・膀胱炎等
血液の疾患 鉄欠乏性貧血等
甲状腺の疾患 バセドウ病等
内分泌系の疾患 卵巣機能障害等
循環器系の疾患 低血圧等
消化器系の疾患 胆のう症等
筋骨格系の疾患 関節リウマチ等
妊娠・分娩等の合併症 切迫早産・帝王切開・高血圧性障害等

 

ネオdeいりょうの女性特約は11分類全てが上乗せ保障の対象となっています。
この中には、女性特有の疾病以外に、女性が罹患することが多い疾病や男女共通部位のがん(胃がんなど)も含まれています。

 

このように、ネオdeいりょうの女性特約では、幅広い範囲の疾病が補償対象となります。
そのため、特約を付けることで、女性限定の疾病に限らずに保障を強化することができます。

 

出産時の保障は受けられる?

妊婦さん

ネオdeいりょうの女性特約では、出産時に保障が受けられるのは「帝王切開」等の異常分娩の場合となります。
(帝王切開の場合は、手術給付と入院給付が受けられます。)

 

正常分娩での出産は、病気やケガでないため保障対象外です。
ただし、これは「ネオdeいりょう」だけではなく、ほとんどの女性保険が同じ扱いとなっています。

ネオdeいりょう+女性特約のメリット・デメリット

メリット

ネオdeいりょうの解説ページでご紹介しているとおり、ネオdeいりょうには次のようなメリットがあります。

  • 設計の自由度が高い
  • 先進医療給付の「特定先進医療キャッシュレスサービス」が便利
  • 健康相談サービスがついている

 

今回は、女性保険としてみた場合のメリットをご紹介すると次のようになります。

  • 女性疾病入院特約に非喫煙者割引が適用になる
  • 入院時の保障だけで加入ができる

 

メリット1女性疾病入院特約に非喫煙者割引が適用になる

タバコを吸う女性

ネオdeいりょうの女性特約のメリットの1つ目は、女性疾病入院特約に非喫煙者割引が適用になるという点です。

 

ネオdeいりょうではタバコを吸わない場合に割引が適用になりますが、その割引は医療保険本体だけではなく、一部の特約にも適用になります。

 

女性疾病入院特約にも割引が適用されるため、喫煙の有無による特約料金の違いを比べると次のようになっています。

 

喫煙割引の有無による女性特約の特約料
加入時の年齢 喫煙者 非喫煙者
20歳 365円 465円
30歳 410円 500円
40歳 430円 570円
50歳 550円 770円
60歳 760円 1,115円

【計算条件】給付金額5,000円 終身払い

 

このように、タバコを吸わない人であれば、通常よりも安く女性のための保障を備えることができます。

 

メリット2入院時の保障だけで加入できる

入院している女性

ネオdeいりょうの女性特約のメリットの2つ目は、入院時の保障だけで加入ができるという点です。

 

ネオdeいりょうは、絶対につけないといけない保障は入院給付金のみです。
あとは、手術を受けた際の保障も含めてすべて取り外すことができます。

 

そのため、入院給付金+女性疾病入院特約という契約方法で加入することができます。
こうすることで、女性疾病も含めた入院時の保障のみを強化することができます。

 

例えば、死亡保険に入っている女性の方が入院時の保障のみを追加したいような場合に、こうした使い方をすることで、保険料を節約しつつ保障を追加することができます。

 

 

デメリット

デメリットタバコを吸わない場合の割引があっても保険そのものがやや高い

ネオdeいりょう+女性特約のデメリットは、保険そのものの保険料がやや高いという点です。

 

先ほどメリットで挙げたとおり、この保険にはタバコを吸わない場合の割引があります。
確かに女性特約だけを見れば安くなるのですが、ベースとなる医療保険そのものの保険料がやや高いため、女性特約を付けた場合に割引後でも他の女性保険と比べて保険料がやや高くなってしまいます。

 

実際に、同程度の保障内容の女性保険と比べてみると次のような違いがあります。

 

加入年齢 ネオファースト生命「ネオdeいりょう」のロゴ
【ネオファースト生命】
ネオdeいりょう
+女性特約
フレキシィ女性専用タイプ
【メットライフ生命】
フレキシィS
女性専用プラン
新CURE Ladyのロゴ
【オリックス生命】
新CURE Lady
30歳 2,324円 2,002円 1,967円
40歳 3,137円 2,321円 2,177円
50歳 3,333円 3,067円 2,842円

【保険料条件】終身払い 入院給付:5,000円・60日 先進医療特約

 

ネオdeいりょう+女性特約以外の2つは、保障内容に若干の違いはありますが、ベースとなる医療保険部分には大きな違いがありません。
そして、これら2つは喫煙の有無に関わらず同じ保険料です。

 

残念なことに、タバコを吸わない場合の割引を受けても、ネオde医療+女性特約の方が保険料が高くなってしまいます。
他にはない充実した保障が付いているのなら保険料が高くなるのも分かるのですが、そういうわけでもないため、この点は大きなデメリットとなってしまいます。

【結論】ネオdeいりょう+女性特約はおすすめの女性保険?

困るFP吉田

ご紹介してきたアフラックの「ネオdeいりょう+女性特約」ですが、残念ながら女性保険としての加入はおすすめできません。

 

おすすめできない理由は、保険料の高さです。
せっかくタバコを吸わない場合の割引があるのに、割引後でも保険料が他の女性保険よりもやや高めとなってしまっています。

 

女性特約で対象となる女性疾病の範囲が広い点は良いのですが、それ自体は他の女性保険でも見られる点です。
そのため、それ以外の点で特に女性保険としての大きなメリットがなく、保険全体で見て保険料が高くなってしまうことから、女性保険としての加入はおすすめできません。

 

同程度の保障でさらに安い女性保険がおすすめ

ネオdeいりょうの女性特約と同程度に保障対象範囲が広い女性保険はいくつかあります。

 

例えば、メットライフ生命のフレキシィS 女性専用タイプです。
こちらは、女性のための保障内容はネオdeいりょうとほぼ同程度ですが、保険料が安く設定されています。

 

もう少し充実した保障があるのが、あんしん生命メディカルKit NEO 女性プランです。
こちらは、ネオdeいりょうより保険料は安い上に、乳房再建手術を受けた際の保障も付いており、より充実した女性のための保障が得られます。

 

これらの女性保険も含めて、おすすめの女性保険ランキングのページでは多くの女性保険をコメント付きでランク付けしていますので、そちらもあわせてご覧いただければと思います。

 

一言で「女性保険」と言っても、備えている保障内容はそれぞれことなります。
ぜひ、保険料とも相談しながら、できるだけ充実した保障を持つ女性保険を選んでみてくださいね。

 





おすすめ女性保険と加入方法あれこれ

女性保険ランキング!(2018年版)

1位

15種類以上の女性保険を、女性保障の充実度や保険料を基にランキングにまとめました。2018年で最もおすすめできる女性保険が分かります!


2018年の女性保険ランキング!

あいおい生命の女性保険を解説!

三井住友海上あいおい生命「&Lifeのロゴ」

女性のための保障が最も手厚いのがあいおい生命の「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」です。女性のための保障の仕組みや対象となる女性疾病を紹介します。


あいおい生命の女性保険を解説!



あんしん生命の女性保険を解説!

メディカルKit NEO 女性プランのロゴ

女性保険の中でも保障対象となる女性疾病の種類が多いのが、あんしん生命の「メディカルKit NEO 女性プラン」です。対象の女性疾病や保障内容を紹介します。


あんしん生命の女性保険を解説!

女性保険選びで使った保険相談ランキング!

ランキング

私の妻が、女性保険探しの際実際に相談した複数の無料保険相談サービスをランキングにまとめました。プレゼントキャンペーンを行っている保険相談も紹介します!


保険相談ランキング!2018年版