特約が豊富な女性保険「メディカルKit NEO 女性プラン」はおすすめ?メリット・デメリットを紹介!

メディカルKit NEO 女性プランはおすすめ?

悩む女性

 

女性のための保険加入を考えているんですが、東京海上日動あんしん生命のメディカルKit NEO 女性プランはおすすめですか?


 

こんにちは!
ファイナンシャルプランナー兼サラリーマンのFP吉田です。

 

ポイントを説明するFP吉田

あんしん生命のメディカルKit NEOと言えば、男女共通の医療保険の中でも特約が多く、特に働けない場合の就業不能時に備える特約で強みがあります。

 

そんなメディカルKit NEOの女性プランですが、保障対象となる女性疾病の範囲が広く、女性保障として充実しておりおすすめできます。
また他の女性保険と比べて、女性のための保障が多く備えられているため安心感があります。

 

ただし、この保険だけでがんにも手厚く備えたい場合にはちょっと物足りない点もあります。

 

このページでは、メディカルKit NEO 女性プランを詳しく知りたい方に向けて、女性保障の特徴やメリット・デメリットを分かりやすくご紹介します。
では、はじめましょう!

 

 

 

「メディカルKit NEO 女性プラン」の特徴!

  • 女性保障の内容は「入院給付の上乗せ」と「乳房再建手術給付」
  • 上乗せ保障対象となる女性疾病が多い
  • 女性保障の対象に「脳血管疾患」と「心疾患」も含まれる
  • 妊娠中でも週数に関係なく加入可能
  • 郵送・ネット加入だと付けられる特約を自由に選べない
  • 「がん一時金特約」での上皮内新生物(初期がん)への保障が物足りない

あんしん生命の「メディカルKit NEO 女性プラン」の基本情報

あんしん生命「メディカルKit NEO」のロゴ

保障内容の説明に入る前に、「メディカルKit NEO 女性プラン」について

  • 加入可能年齢
  • 加入申し込み方法

等の基本的な情報を簡単にご紹介します。

 

基本情報

情報項目 内容 備考
保険の保障される期間 ・終身(亡くなるまで)
保険料の払込期間 ・60歳
・65歳
・終身払い
加入可能な年齢 ・6歳~75歳
加入申込み方法 郵送 通販プランでは付けられる特約が限られる
インターネット
対面加入 保険ショップなど
保険料支払い方法 ・口座引落し
・クレジットカード払い
・振り込み
保険料払い込み方法 ・毎月払い
・年払い
・まとめ払い※
※3~12か月分
保険料の払込免除制度 有り(ただし、ネット加入だと付けられない)
付帯サービス メディカルアシスト、がん訪問相談、人間ドック優待サービス
資料がほしい場合 インターネットから取り寄せ可能

 

メディカルKit NEO 女性プランは妊娠中でも入れる?

メディカルKit NEO 女性プランは、妊娠中でも週数に関係なく加入することが可能です。
告知の段階でちゃんと妊娠中であることを告げていれば、問題なく加入ができます。

 

ただ、妊娠中の加入の場合には、次の2つの場合の保障が付かないという特別条件付きでの加入となります。
(どの程度の期間の特別条件が付くかは審査次第となります。)

  • 異常妊娠(妊娠中毒症、子宮外妊娠等)
  • 異常分娩(帝王切開、吸引分娩等)

年齢別の保険料

保険料の説明

女性保険を選ぶ際に比較ポイントの1つとなるのが保険料です。
保障内容が良いものであっても、あまりに保険料が高すぎては意味がありません。
そこでまず、メディカルKit NEO 女性プランの保険料がいくらであるのかをご紹介します。

 

保険料を計算するにあたっては次の条件で行っています。

保険料計算条件

  • 保険料払込:終身払い
  • 入院:1日5,000円
  • 手術:Ⅲ型(倍率型)
  • 特約:先進医療特約のみ、女性疾病保障特約

 

メディカルKit NEO 女性プランの年齢別保険料

加入年齢 女性の保険料
20歳 1,724円
25歳 1,909円
30歳 2,014円
35歳 2,119円
40歳 2,304円
45歳 2,604円
50歳 2,994円
55歳 3,534円
60歳 4,219円
65歳 5,139円

保障内容を一覧で紹介

ここからは、メディカルKit NEO 女性プランの保障内容をご紹介します。

 

なお、主契約も特約の内容も、基本帝に男女共通のメディカルKit NEOと同じとなっています。
1つだけ違う点は、女性のための保障である「女性疾病保障特約」があるということだけです。

 

保障項目 保障金額の例 保障の概要
入院給付
5,000円なら
入院給付
10,000円なら
主契約 入院給付 金額 5,000円 10,000円
日数 ・60日
・120日
・360日
・日帰り入院から対象
・保障期間通算1,095日まで
女性疾病保障特約 入院 5,000円 ・特定の女性疾病での入院給付上乗せ
乳房再建給付金 100万円 200万円 ・1乳房につき1回の給付
・悪性新生物の場合が対象
手術給付 <以下のどちらかから選択>
【Ⅰ型】
入院:5万円
外来:2.5万円

【Ⅲ型】
手術内容に応じて
2.5、5、10、20万円
・60日間に1回を限度
・給付金額は定額型か倍率型から選択
・放射線治療も手術に含む
特約
保障
特定疾病入院給付金 3大疾病での入院日数無制限 【対象】
・がん(悪性・上皮内)
・心疾患※
・脳血管疾患
初期入院保障特約 50,000円 100,000円 ・10日以下の入院でも10日分の入院給付金が支払われる
通院特約 3,000円 6,000円 ・1入院あたり通院30日まで
・通算1,095日
がん通院特約 3,000円 6,000円 ・がんの通院が対象
・1入院あたり通院45日まで
・通算730日
先進医療給付金 先進医療技術料と同額 ・技術料分は通算2,000万円まで
特定治療支援特約(診断等一時金) 25~100万円 ・6大疾病が対象
・選ぶプランにより給付額が異なる
5疾病就業不能特約(一時金) 100万円 ・10年更新の特約
【対象】
・悪性新生物
・急性心筋梗塞
・脳卒中
・肝硬変
・慢性腎不全
がん診断特約
(診断一時金)
100万円 【初回】
・初めてがんと診断
【2回目以降】
(前回の受け取りから2年経過)
・再発診断
・移転診断

・通算:制限なし
(ただし、上皮内新生物(初期がん)は初回のみ)
悪性新生物
初回診断特約
(診断一時金)
100万円 ・初めて悪性新生物と診断された際の給付上乗せ
3大疾病保険料払込免除特約(払込み免除) 以後の保険料の支払い免除 【対象】
・がん(悪性)
診断確定時

・心疾患
・脳血管疾患
所定の手術または継続20日以上の入院

※心疾患には、高血圧性心疾患は含まない

 

出産時の保障は受けられる?

妊婦さん

メディカルKit NEO 女性プランでは、出産時に保障が受けられるのは「帝王切開」の場合となります。
正常分娩での出産は保障対象とはなりません。

 

正常分娩が保障対象とならないのは、それが病気やケガではないからです。
ただし、これはこの保険に限ったことではなく、多くの女性保険が同じ扱いとなっています。

女性のための保障強化の内容

女性保障は「入院上乗せ」と「乳房再建給付」

ここからは、女性保険のメインとなる、メディカルKit NEO 女性プランでの女性疾病に対しての保障上乗せの内容をご紹介します。

 

メディカルKit NEO 女性プランでは、次の2つの女性のための保障が用意されています。

  1. 入院給付金の上乗せ
  2. 乳房再建術への給付

 

入院給付金の上乗せ

入院中の女性

入院給付金の上乗せでは、特定の女性疾病と3疾病(がん・脳血管疾患・心疾患)で入院した場合に、1日あたりの入院給付金額が5,000円増額されます。
ベースとなる入院給付金額が10,000円の場合には、1日あたり15,000円が給付されます。

 

この入院給付の上乗せは、1入院あたり60日を限度に、保険全体で通算1,095日まで保障されます。

 

乳房再建術への給付

乳房再建術への給付では、乳がんで乳房を切除し、乳房を再建する手術を受けた場合に給付を受けることができます。
給付金額は、ベースとなる入院給付金額の200倍となります。
(1日5,000円なら100万円、1日10,000円なら200万円です。)

 

対象は悪性新生物が原因となる乳房再建術のみに限られます。

 

メディカルKit NEO 女性プランの女性保障

 

女性保障の対象となる疾病

メディカルKit NEO 女性プランで入院給付の上乗せ対象となるのは、大きく分ける次の3種類の疾病となります。

  1. 女性特有の疾病
  2. 女性に多い疾病
  3. 3疾病(がん・脳血管疾患・心疾患)

より具体的に、疾病の種類によって分類すると、メディカルKit NEO 女性プランで保障対象となるのは次のような疾病です。

 

メディカルKit NEO 女性プランの女性疾病の対象

疾病の分類 対象の可否 主な疾病
がん 全てのがん(悪性・上皮内)
特定の良性新生物 乳房・子宮筋腫・腎尿路等
乳房・女性性器の疾患 女性骨盤臓器の炎症性疾患等
腎尿路の疾患 腎不全・膀胱炎等
血液の疾患 鉄欠乏性貧血等
甲状腺の疾患 バセドウ病等
内分泌系の疾患 卵巣機能障害等
循環器系の疾患 心疾患、脳血管疾患、低血圧等
消化器系の疾患 胆のう症等
筋骨格系の疾患 関節リウマチ等
妊娠・分娩等の合併症 切迫早産・帝王切開・高血圧性障害等

 

上記の11分類は、他の女性保険も踏まえて当サイトで分類したものですが、メディカルKit NEO 女性プランでは11分類全てが上乗せ保障の対象となっています。

 

また、他の女性保険に比べて「循環器系の疾患」として、脳血管疾患と心疾患(高血圧性心疾患を除く)も給付対象になります。
これは、他の女性保険ではなかなか見られない点です。

 

こうした点から、メディカルKit NEO 女性プランの女性疾病の対象は、女性保険の中でもトップクラスの広さとなっています。

 

「メディカルKit NEO」との違い

・違いは女性入院特約の有無のみ

ポイントの説明

メディカルKit NEO 女性プランと、男女共通のメディカルKit NEOの違いは、女性のための保障が付いているかどうかのみです。

 

もともと、男女共通のメディカルKit NEOには、女性限定で「女性疾病保障特約」が存在しています。
その保障を付けたものが、女性プランとして扱われています。

 

ただ、女性プランは、インターネットや郵送の通販加入の場合には付けられる特約が限られていたり、一部の特約を外せなかったりします。
こうした特約については、保険相談サービス等の対面加入では自由に付け外しができます。

 

そのため、自由に特約を選んで加入したい場合には、対面加入をおすすめします。

メディカルKit NEO 女性プランのメリットとデメリット

メリット

  • 女性の保障に「乳房再建術給付」が含まれる
  • 女性疾病の対象範囲がトップクラスに広い
  • 特約の通院給付で入院前の通院も対象となる

 

メリット1女性の保障に「乳房再建術給付」が含まれる

メリットの1つ目は、女性の保障に「乳房再建術給付」が含まれるという点です。

 

女性保険の多くは、女性のための保障は「入院給付の上乗せ」のみであることが多いです。
そんな中、メディカルKit NEO 女性プランでは、女性のための保障として「乳房再建術給付」が含まれています。

 

乳房再建術は、公的な健康保険の給付対象にならない場合もあります。
その場合には多くの自己負担額が生じることになりますが、この保障があれば備えることができます。

 

また、乳房再建術給付も含まれている割に、女性のための保障部分の保険料は比較的安めとなっています。

 

メリット2女性疾病の対象範囲がトップクラスに広い

診察を受ける女性

メリットの2つ目は、女性疾病の対象範囲がトップクラスに広いということです。

 

女性保険で入院給付の上乗せ対象となる女性疾病は、女性保険ごとに異なります。
メディカルKit NEO 女性プランでは、上乗せ対象となる女性疾病の範囲がトップクラスに広いです。

 

特に、心疾患と脳血管疾患も対象に含まれているのが特徴的です。
この2つが対象となるのは、他の女性保険ではほぼみられない点となっています。

 

メリット3特約の通院給付で入院前の通院も対象となる

メリットの3つ目は、特約の通院給付で入院前の通院も対象となるという点です。

 

病気の治療と言えば以前は長期入院となることが多かったです。
しかし、年々入院日数は短縮されており、退院後に通院で治療を行うことが増えてきています。
特にがんでその傾向が高く、通院給付の重要性が高まっています。
【参考】がん保険の通院保障は必要?

 

医療保険の「通院給付」では、退院後の通院のみが保障対象となるものが多いです。
しかし、この保険では、入院前にした通院も保障の対象となります。

 

そのため、他の医療保険の通院保障よりも、通院時にかかる交通費や食事代などの自己負担額を軽減することができます。

 

デメリット

  • がん診断一時金での初期がんへの保障が少し物足りない
  • 特約保障が豊富で目的が決まっていないと選びづらい

 

デメリット1がん診断一時金での初期がんへの保障が少し物足りない

薬

デメリットの1つ目は、がん診断一時金での初期がんへの保障が少し物足りないという点です。

 

特約になりますが、がんと診断された際に一時金を支払う「がん診断一時金特約」があります。
こちらの特約は通常のがん(悪性新生物)に対しての給付条件は良い方なのですが、初期がんである「上皮内新生物」に対しての給付回数が1回のみとなっています。

 

上皮内新生物であっても、がんであることに変わりはありません。
がん診断一時金は、がん保険も含めて、がんへの備えとして最も重要な保障です。
そのため、この保険だけでがんへの備えも兼ねたい場合には、上皮内新生物への給付が1回のみというのはやや物足りない点であるといえます。

 

デメリット2特約保障が豊富で目的が決まっていないと選びづらい

デメリットの2つ目は、特約保障が豊富すぎるために加入する目的が決まっていないと選びづらいという点です。

 

先ほどの保障内容一覧を見ていただいても分かるとおり、メディカルKit NEO 女性プランでは主契約以外の特約保障が非常に豊富です。
そのため、就業不能状態などのさまざまな状態に備えることもできます。

 

ただ、選択肢が多すぎる分、何を目的として入りたいかが決まっていないと選ぶのが少し難しいです。
あれもこれもと特約を付けてしまうと保険料も高くなってしまいます。

【結論】メディカルKit NEO 女性プランはどんな人におすすめの女性保険?

おすすめするFP吉田

ここまでを踏まえて、あんしん生命「メディカルKit NEO 女性プラン」ですが、おすすめの女性保険です。

 

おすすめできる理由としては、対象となる入院給付の上乗せ対象となる疾病範囲の広さがあげられます。
「女性疾病」に加えて、「全てのがん」と「心疾患(高血圧性心疾患を除く)」と「脳血管疾患」が対象となります。
繰り返しとなりますが、これは女性保険の中でもトップクラスの保障範囲の広さです。

 

また、入院給付の上乗せのみを行う女性保険とは異なり、乳房再建術への給付が女性のための保障に含まれている点も安心感があります。

 

がんにも備えたい場合には別の選択肢をおすすめ

なお、もし女性保険でがんへの備えも充実させたい場合には、他の女性保険の方が良いです。
というのも、先ほどデメリットでも挙げたとおり、メディカルKit NEO 女性プランでは、がん診断一時金で上皮内新生物への給付が1回のみとなっておりやや物足りません。

 

女性保険だけでがんへの備えも充実させたい場合におすすめとなるのは次の2つがあります。
これらは、女性のための保障もがんへの備えも両方充実した内容となっています。

 

なお、これらの女性保険も含めて、おすすめの女性保険ランキングのページでは多くの女性保険をコメント付きでランク付けしていますので、そちらもあわせてご覧いただければと思います。

 

ただし、性保険とは別にがん保険に加入するような場合には、メディカルKit NEO 女性プランも女性保険としてはおすすめです。
ぜひ、どういった保障を重視するかを考えて、加入する女性保険を選んでみてくださいね。

 

 

 

『メディカルKit NEO 女性プラン』の
詳しい資料の取り寄せはこちら

 





おすすめ女性保険と加入方法あれこれ

女性保険ランキング!(2018年版)

1位

15種類以上の女性保険を、女性保障の充実度や保険料を基にランキングにまとめました。2018年で最もおすすめできる女性保険が分かります!


2018年の女性保険ランキング!

女性保険選びで使った保険相談ランキング!

ランキング

私の妻が、女性保険探しの際実際に相談した複数の無料保険相談サービスをランキングにまとめました。プレゼントキャンペーンを行っている保険相談も紹介します!


保険相談ランキング!2018年版



あいおい生命の女性保険を解説!

三井住友海上あいおい生命「&Lifeのロゴ」

女性のための保障が最も手厚いのがあいおい生命の「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」です。女性のための保障の仕組みや対象となる女性疾病を紹介します。


あいおい生命の女性保険を解説!

メットライフ生命の女性保険を解説!

フレキシィSのロゴ

女性保険でがんにも手厚く備えたい場合におすすめなのがメットライフ生命の「フレキシィS女性専用タイプ」です。女性保障の種類とあわせて紹介します。


メットライフ生命の女性保険を解説!