女性のための保障がすごい!女性特約を付けた「&LIFE新医療保険Aプラス」のメリット・デメリット

あいおい生命の「&LIFE新医療保険Aプラス」の女性特約はおすすめ?

悩む女性

 

女性保険に入りたくて調べていたら、三井住友海上あいおい生命の「&LIFE新医療保険A」が良いと聞いたんですがおすすめですか?

 

特に女性保険としては販売されていないようなので気になっています。


 

こんにちは!
ファイナンシャルプランナー兼サラリーマンのFP吉田です。

 

三井住友海上あいおい生命の「&LIFE新医療保険A」ですが、確かにこちらは女性保険としての販売はしていません。

 

ポイントを説明するFP吉田

ただ、女性特約があるため、それを付けることで女性保険と同じ仕組みを実現することができます。
(以前はそれが、「女性のための&LIFE新医療保険A」という名前で取り扱われていましたので、以下ではその名前で呼称します。)

 

女性のための&LIFE新医療保険Aプラスですが、非常におすすめの女性保険です。
保障の範囲がとても広く、手厚く女性疾病に備える事ができます。

 

また、この保険は、特に女性ががんに備える場合の保険料が安いため、女性保険だけでがんへの備えも確保したい場合に最適です。

 

そんな女性のための&LIFE新医療保険Aプラスについて、女性特約の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。
では、はじめましょう!

 

 

 

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の特徴!

  • 女性保障の内容は「入院給付の上乗せ」と「女性特定手術への給付」と「放射線治療給付」
  • 上乗せ保障対象となる女性疾病がとても多い
  • 女性の「がん診断一時金特約」の特約料金が安い
  • 保障が手厚い分、保険料が少しだけ高め
  • 妊娠中は週数に関係なく加入できる

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の基本情報

三井住友海上あいおい生命「&Lifeのロゴ」

まず最初に、「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の

  • 加入可能年齢
  • 保険料払込期間

等の基本情報をご紹介します。

 

情報項目 内容 備考
保険の保障される期間 ・終身(亡くなるまで)
保険料の払込期間 ・60歳まで
・65歳まで
・終身
加入可能な年齢 ・0歳~75歳 「終身介護特約」を付けると15歳~75歳までとなる。
加入申込み方法 郵送
インターネット ×
対面加入 保険ショップなど
保険料支払い方法 ・口座引落し
・クレジットカード払い
・振り込み
保険料払い込み方法 ・毎月払い
・半年払い
・年払い
・前納払い
保険料の払込免除制度 有り
付帯サービス ・健康相談サービス
・暮らしの相談サービス
・介護相談サービス
詳しい資料がほしい場合 インターネットから取り寄せ可能/span>

 

妊娠中でも入れる?

妊婦さん

妊娠中の場合、女性のための&LIFE新医療保険Aプラスでは加入できるかどうかは、その人の妊娠・出産状況次第となります。
他の女性保険のように、「妊娠○週目までは加入可能」というように具体的には決まっていません。

 

申し込み時の告知欄に妊娠の状況を記載し、その内容により次の3つのパターンのどれかとなります。

  • 特に制限なく加入可能
  • 子宮等の部位が不担保(保障対象外)で加入可能
  • 加入できない

 

過去に帝王切開の経験がある場合には、子宮等が不担保での加入となる可能性があります。

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の年齢別保険料

2つのパターンで保険料を算出

保険料を調べる女性

女性保険選ぶにあたっての基準の1つが「保険料」です。
そこで、5歳ごとの保険料をご紹介していきます。

 

保険料を計算するにあたっては次の条件で行っています。
男女共通のプランに、女性疾病に備えるための特約を付けています。

  • 保険料払込:終身払い(定額プラン)
  • 入院:1日5,000円、60日型
  • 特約:女性疾病給付特約、先進医療特約

 

なおこの保険は、女性の場合、がんと診断された場合の一時金特約を非常に割安で付けることができます。
そのため、「ガン診断給付特約」を100万円の設定で付けた保険料を()書きで記載します。

 

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の年齢別保険料

加入年齢 女性の保険料
20歳 2,193円
(2,927円)
25歳 2,383円
(3,197円)
30歳 2,508円
(3,420円)
35歳 2,598円
(3,629円)
40歳 2,778円
(3,939円)
45歳 3,103円
(4,398円)
50歳 3,518円
(4,987円)
55歳 4,048円
(5,723円)
60歳 4,773円
(6,686円)
65歳 5,773円
(8,001円)

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の保障内容一覧

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の具体的な保障内容を一覧でご紹介します。

 

なお、保障内容そのものは男女共通の「&LIFE新医療保険Aプラス」と全く同じです。
あくまで女性向けの特約を付けることで、女性保険と同等の内容となります。

 

保障項目 保障金額の例 保障の概要
入院給付
5,000円なら
入院給付
10,000円なら
主契約 入院給付 金額 5,000円 10,000円 5日以内の入院では5日分が給付される。
日数 ・30日
・60日
・120日
・日帰り入院から対象
・保障期間通算1,095日まで
三大疾病では日数無制限
女性疾病 入院 5,000円 10,000円 ・日数は主契約と同様
・ただし通算日数は無制限
手術 入院:5万円
外来:2.5万円
入院:10万円
外来:5万円
放射線治療 5万円 10万円
手術給付 入院:5万円
外来:2.5万円
入院:10万円
外来:5万円
・健康保険適用の手術が対象
・給付金額は定額型
放射線治療給付金 5万円 10万円 ・60日に1回が限度
・温熱療法も含む。
集中治療給付金 10万円 20万円 ・手術の有無は問わず
・集中治療室(ICU)での病状管理があった場合
特約
保障
入院時手術給付特約 5万円 10万円 ・入院中の手術給付を上乗せする特約
先進医療給付金 ・先進医療技術料と同額
・交通費+宿泊費
・先進医療を受けるために交通費や宿泊費(1日1万円が上限)がかかった場合にはその分も給付
・通算2,000万円まで
三大疾病入院一時金 50万円 以下の三大疾病での入院時
・がん(悪性・上皮内)
・心疾患
・脳血管疾患
保険料払込免除 以後の保険料の支払い免除 ・がん(悪性新生物)と診断時
・心疾患、脳血管疾患で入院時
がん診断給付金 100万円 ・初めてがん(悪性・上皮内)と診断された時点
・2回目以降は2年後以降で治療目的の入院
・回数無制限
がん通院給付 5,000円 10,000円 がん(悪性・上皮内)治療目的の通院
入院の有無は問わず
介護障害年金・一時金 ・30万円
・60万円
・120万円
・要介護状態2以上、所定の高度障害状態時等
・年金期間は終身年金か5年から選択
・一時金を付けると初回年金時に支払われる

 

出産時の保障は受けられる?

妊婦さん

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」では、出産時に保障が受けられるのは「帝王切開」の場合となります。
(帝王切開の場合は、手術給付と、その後に入院給付が受けられます。)
正常分娩での出産は保障対象とはなりません。

 

正常分娩が保障対象とならないのは、それが病気やケガではないからです。
ただし、これは「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」に限ったことではなく、多くの女性保険が同じ扱いとなっています。

女性特約による女性のための保障強化の内容

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の女性保障は3種類

ここからは、「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」での女性疾病に対しての保障内容をご紹介します。

 

この保険では、次の3つの女性のための保障が用意されています。

  1. 入院給付金の上乗せ
  2. 手術への給付
  3. 放射線治療への給付

 

入院給付金の上乗せ

入院中の女性

入院給付金の上乗せでは、後述する「女性特有の疾病」・「女性に多い疾病」・「全てのがん」の治療のために入院した場合に1日5,000円の入院給付上乗せが受けられます。
基本となる入院給付金額が10,000円の場合には、1日あたり15,000円が給付されます。

 

この入院給付の上乗せは、保険全体の通算日数無制限で保障されます。
なお、1入院あたりの保障日数は、主契約の入院給付の日数と同様(30、60、120日のいずれか)となります。

 

手術への給付

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」では、特定の女性疾病やがんで手術を受けた場合に、主契約の手術給付とは別で給付が受けられます。

 

まず、後述する「女性特有の疾病」・「女性に多い疾病」・「全てのがん」の治療のために手術を受けた場合、次のとおり給付金が支払われます。

  • 入院中の手術:5万円
  • 外来での手術:2.5万円

 

4つの特定手術

また、上記とは別に、以下の4つの手術を受けた場合には、15万円が給付されます。

  1. 乳がん(上皮内新生物含む)による乳房の観血切除術
  2. 上記手術後の乳房再建術
  3. 子宮摘出術
  4. 卵巣摘出術

なお、乳房再建術への給付は、上皮内新生物も保障対象となることが特徴です。
東京海上日動あんしん生命の「メディカルKit NEO 女性プラン」にもありますが、そちらは上皮内新生物は対象外となっています。

 

放射線治療への給付

女性特約での3つ目の保障は、放射線治療への給付です。

 

後述する「女性特有の疾病」・「女性に多い疾病」・「全てのがん」の治療のために放射線治療を受けた場合に5万円が給付されます。
こちらは、60日に1回を限度に通算回数無制限で保障されます。

 

女性のための保障のまとめ

&LIFE新医療保険Aプラスの女性保障

 

女性保障の対象となる疾病

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」で上記の女性のための保障の対象となるのは、次の3種類の疾病です。

  • 女性特有の疾病
  • 女性に多い疾病
  • 全てのがん

より具体的に、疾病の種類によって分類すると、「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」で保障対象となるのは次のような疾病です。
(以下の分類は、他の女性保険も参考に当サイトで分類したものです。)

 

「女性のための&LIFE新医療保険Aプラス」の女性疾病の対象

疾病の分類 対象の可否 主な疾病
がん 全てのがん(悪性・上皮内)
特定の良性新生物 乳房・子宮筋腫・腎尿路等
乳房・女性性器の疾患 女性骨盤臓器の炎症性疾患等
腎尿路の疾患 腎不全・膀胱炎等
血液の疾患 鉄欠乏性貧血等
甲状腺の疾患 バセドウ病等
内分泌系の疾患 卵巣機能障害等
循環器系の疾患 くも膜下出血、低血圧等
消化器系の疾患 胆のう症等
筋骨格系の疾患 関節リウマチ等
妊娠・分娩等の合併症 切迫早産・帝王切開・高血圧性障害等

 

女性のための&LIFE新医療保険Aプラスでは11分類全てが上乗せ保障の対象となっています。
この保障対象の広さは、女性保険の中でもトップクラスのものとなっています。

 

なお、これらの11分類全ての疾病が、先ほどの入院給付・手術給付・放射線治療給付の給付対象となります。
そのため、幅広い疾病に対して、3つの女性のための保障を受けることができます。

「女性のための&LIFE 新医療保険Aプラス」のメリットとデメリット

メリット

男女共通の&LIFE新医療保険Aプラスのページでご説明しているとおり、この保険の男女共通の保障部分では以下のようなメリットがあります。

  • 入院給付が5日以下の入院でも一律5日間
  • 払込免除の条件がとても緩やか
  • がん通院保障が入院に関係なく支払われ、期間が長い
  • 健康・暮らし・介護の電話相談サービスが付いている

 

このページでは、特に女性特約と女性が加入する際の3つのメリットについてご説明します。

  • 女性のための保障が多い
  • 対象となる女性疾病の範囲が広い
  • 女性は「がん診断一時金」の特約料がかなり安い

 

メリット1女性のための保障が多い

診察を受ける女性

メリットの1つ目は、女性のための保障が多いという点です。

 

この保険では、女性疾病給付特約を付けることで3つの女性のための保障を得ることができます。
多くの女性保険では、女性のための保障は特定の女性疾病で入院した場合の「入院給付金の上乗せ」のみです。
この保険ほどたくさん女性のための保障が付いている女性保険は他にはほとんどありません。

 

なお、比較的に多様な保障が付いている女性保険には、アフラックの「レディースEVER」がありますが、あちらは、次の2つ目のメリットでご説明する「保障対象となる女性疾病の範囲」がかなり狭く限定されています。

 

メリット2対象となる女性疾病の範囲が広い

メリットの2つ目は、対象となる女性疾病の範囲が広いという点です。

 

「女性のための&LIFE 新医療保険Aプラス」では、女性特有の疾病以外に、女性に多い疾病や全てのがんも保障対象となります。
これは、女性保険で対象となる疾病の範囲としてはトップクラスの広さです。

 

保障が上乗せされる疾病が女性限定のものに限られないため、医療保険として考えても保障の充実につながります。

 

メリット3女性は「がん診断一時金」の特約料がかなり安い

メリットの3つ目は、対象となる女性疾病の範囲が広いという点です。

 

これは女性特約の話ではありませんが、この保険では女性が「がん診断一時金特約」を付ける際の特約料が男性に比べて安いです。

 

具体的に、男女のがん診断一時金特約の特約料金を比べてみると次のように違いがあります。

がん診断一時金特約の特約料金
特約料金 女性 男性
20歳 734円 752円
30歳 912円 1,010円
40歳 1,164円 1,457円
50歳 1,469円 2,200円
60歳 1,913円 3,325円

【特約料金算出条件】がん診断一時金:100万円 終身払い

 

見ていただくと分かるとおり、特に年齢を重ねてからの場合の特約料金の男女差が大きいです。

 

また、この特約料金水準は、他の医療保険のがん診断一時金特約よりも安めとなっています。
そのため、女性保険でがんへの保障も兼ねたい場合にはとてもメリットが大きいです。

 

 

デメリット

デメリット保障が手厚い分保険料は少し高め

女性のための&LIFE 新医療保険Aプラスにはデメリットらしいデメリットはありませんが、強いて言えば、保障が手厚い分保険料が若干高めであるという点です。

 

他の女性保険と比べてみると次のような保険料の違いがあります。
ただし、保障対象となる疾病や保障の種類に違いがあるため、そちらも記載します。

加入年齢 三井住友海上あいおい生命「&Lifeのロゴ」
【あいおい生命】
女性のための&LIFE 新医療保険Aプラス
メットライフ生命「フレキシィS 女性専用タイプ」
【メットライフ生命】
フレキシィS
女性専用プラン
オリックス生命「新CURE Lady」
【オリックス生命】
新CUREレディ
女性の保障
対象の範囲
・入院・手術・放射線
・11種類/11分類
・入院
・11種類/11分類
・入院
・5種類/11分類
30歳 2,508円 2,002円 1,967円
40歳 2,778円 2,321円 2,177円
50歳 3,518円 3,067円 2,842円

【保険料条件】終身払い 入院給付:5,000円・60日 先進医療特約

 

このように、「女性のための&LIFE 新医療保険Aプラス」が全年齢で最も高くなっています。
ただ、それは女性のための保障が上記3つの女性保険の中で最も手厚いからです。

 

もし、保険料だけで比較すれば、他の女性保険よりも保険料が高いのはデメリットとなってしまいますが、その分女性のための保障がかなり手厚いため、女性のための保障を優先したい場合にはまだ許容できる範囲であると感じます。

【結論】「女性のための&LIFE 新医療保険Aプラス」はどんな人におすすめの女性保険?

おすすめするFP吉田

三井住友海上あいおい生命の「女性のための&LIFE 新医療保険Aプラス」ですが、女性の保障を充実させたい方に非常におすすめの女性保険です。

 

おすすめの理由は、ここまでもご説明してきたとおり、「女性のための保障が多い」ことと「保障対象となる疾病の範囲が広い」ことです。
この2つが備わっていることで、女性特有の疾病はもちろん、女性がかかりやすい疾病や全てのがんにも手厚く備えることができます。

 

また、他の医療保険や女性保険と比べて、がん診断一時金特約の特約料金が安いため、がんに備える場合にもとてもおすすめです。
女性特約で全てのがんに対しての入院・手術・放射線治療の保障も強化されているため、他の女性保険よりも手厚くがんに備えることが可能です。

 

正直なところ、男性の私も「女性特約」をつけてこの保険に加入したいくらいです。

 

もしもう少し保険料を抑えたい場合には

なお、保険料をもう少し抑えたい場合には、女性のための保障が入院に対してのみとなりますが、その場合には次の2つの女性保険が良いでしょう。

 

これらは、この保険よりは女性のための保障が少なくなりますが、その分保険料は安く、また保障対象となる女性疾病の範囲はほぼ同程度の広さとなっています。
そのため、女性疾病での入院時に備えることができます。

 

なお、こうした女性保険を含めて、おすすめの女性保険ランキングのページでは多くの女性保険をコメント付きでランク付けしていますので、そちらもあわせてご覧いただければと思います。

 

ぜひ、保険料と相談しながら、どこまで女性のための保障を備えるかを考えて、加入する女性保険を選んでみてくださいね。

 

 

『&LIFE 新医療保険Aプラス』の
詳しい資料の取り寄せはこちら

(現在は保険名に「女性のための」が付いていませんが、女性特約を付けることで女性保険の内容になります。)

 





おすすめ女性保険と加入方法あれこれ

女性保険ランキング!(2018年版)

1位

15種類以上の女性保険を、女性保障の充実度や保険料を基にランキングにまとめました。2018年で最もおすすめできる女性保険が分かります!


2018年の女性保険ランキング!

女性保険選びで使った保険相談ランキング!

ランキング

私の妻が、女性保険探しの際実際に相談した複数の無料保険相談サービスをランキングにまとめました。プレゼントキャンペーンを行っている保険相談も紹介します!


保険相談ランキング!2018年版



あんしん生命の女性保険を解説!

メディカルKit NEO 女性プランのロゴ

女性保険の中でも保障対象となる女性疾病の種類が多いのが、あんしん生命の「メディカルKit NEO 女性プラン」です。対象の女性疾病や保障内容を紹介します。


あんしん生命の女性保険を解説!

メットライフ生命の女性保険を解説!

フレキシィSのロゴ

女性保険でがんにも手厚く備えたい場合におすすめなのがメットライフ生命の「フレキシィS女性専用タイプ」です。女性保障の種類とあわせて紹介します。


メットライフ生命の女性保険を解説!