保険相談サービスのメリットとデメリットとは?

MENU
>  > 「保険相談」のメリットとデメリット

保険の相談を行うことで何か良いことはある?

悩むサラリーマン

 

保険相談サービスの利用を検討しています。
利用してみたいなと思ってはいるんですが、相談をするのを少し面倒に感じてしまいまだ実行に移せていません。
保険相談サービスを利用することによるメリットって何かあるんでしょうか?
あるのであれば、しっかり時間を作って相談してみようと思います。


 

こんにちは!
ファイナンシャルプランナー兼会社員のFP吉田です。

 

突然ですが、保険相談サービスを利用して保険に入ると、入った後にもメリットがあるのはご存知ですか?

 

通常、生命保険というと加入前や加入するときのことを意識しやすいです。
でも実は、生命保険の場合、実際に生命保険を使うことになる加入してからのこともとても重要なんです!

 

保険相談を利用した場合、そんな加入後の重要な場面でもしっかりとメリットを享受することができます。

 

私自身、ファイナンシャルプランナーの資格を取る前や取った現在でも、多くの保険相談サービスを利用しています。
その経験の中で、多くのメリットを感じています。

 

このページでは、私自身が保険相談サービスを利用して実感したメリットについて、

  • 生命保険加入前
  • 生命保険加入後

の2つの軸でご説明します。
それでは、始めましょう!

 

生命保険加入前に得られる保険相談のメリット

生命保険加入前に得られる2つのメリット

まずは、保険相談を利用することで生命保険加入前に得られるメリットです。
これは主に「良い保険を知ることができる」ということに直結しています。

  1. 生命保険の専門家が自分用の保険を選んでくれる
  2. 今入っている保険の見直しをして保険の無駄を削減できる

 

加入前のメリット1生命保険の専門家が自分用の保険を選んでくれる

ファイナンシャルプランナー

保険相談サービスを利用した場合、保険の専門家に加入したい保険のことを相談します。
その際、相談する相手というのは、ほとんどの場合FP(ファイナンシャル・プランナー)になります。

 

FPは生命保険や社会保険の専門家です。
中でも、保険相談会社に所属しているFPは、特に生命保険に詳しいFPであるといえます。
(FPには、私のように、会社で社会保険や団体生命保険の手続きを行っているFPもいます。)

 

こうした生命保険専門のFPに相談をして、自分に合った保険を選んでもらうことができます。

 

生命保険は加入するタイプを間違えると大変!

専門家に保険を選んでもらうことの何が良いのかというと、入る保険のタイプを間違うことを防ぐことができるという点です。

 

生命保険には、大きく分けて次の4タイプの種類があります。

  • 入院時の保険
  • 死亡時の保険
  • 老後に備えるための保険
  • 子供のための保険

 

そしてさらに、それぞれの保険に対して、次の2つの保障タイプが存在します。

  • 終身保障タイプ
  • 定期保障タイプ

 

相談者の話を聞くFP

これは非常に大きな分け方となりますが、これだけでも4×2で8通りの種類があることになります。
実際には最初に挙げた4つのタイプの中でもさらに細分化されるため、数十通りの保険の種類があることになります。
その中から、自分にとって本当に必要なものを選ぶのは至難の業です。

 

ただ、FPにとっては、それを選ぶのは難しいことではありません。
FPは、相談者の話を聞きながら、必要な保険の種類を探っていき特定してくれます。
そしてその上で、相談者に必要な保険商品を提案してくれるのです。

 

このように、必要な保険を専門家が選んでくれるというのは大きなメリットであるといえます。

 

加入前のメリット2今入っている保険の見直しをして保険の無駄を削減できる

加入前のもう1つのメリットが、すでに入っている保険の見直しもできるということです。

 

保険相談サービスを利用すると、ほぼ確実に「すでに入っている保険はありますか?」という話になります。
これは、これから保険を選ぶにあたって必要となる情報であるため確認されます。

 

もし今入っている保険が、相談者にとって合っているものであれば特に問題ありません。
ただ、次のような場合には、すでに入っている保険の見直しも提案してもらうことができます。

  • 保険のタイプを間違っている
  • 本来必要のない保障である
  • 保障の金額が大きすぎる

 

死亡保険は特に無駄がある人が多い!

困るサラリーマン

特に死亡保険の場合は、保障が無駄に多すぎる方が非常に多いです。
本来必要のないほどの死亡保障額にしているがゆえに、年間で数万円以上の無駄な保険料を支払っている事があります。
(実際に、私が年末調整で会社の同僚の生命保険加入状況を見てもそう感じます。)

 

特に、十年以上前に加入して放置している保険や、保険会社の営業社員に進められるがままに加入した保険は無駄が多い場合があります。
そうした方であれば、見直すことでかなり多くの保険料を節約できる可能性が高いです。

 

このように、すでに入っている保険についても、専門家の目で見直して無駄の削減ができるというのも大きなメリットであるといえます。

生命保険加入後に得られる保険相談のメリット

生命保険加入後に得られる2つのメリット

続いては、生命保険加入後に得られるメリットです。
加入後というといまいちピンと来づらいところではあるんですが、こちらのメリットも非常に大きいんです。

 

具体的には、次のような2つのメリットがあります。

  1. 各種保険手続きを、保険相談会社の担当者に一元的に頼むことができる
  2. 家庭状況の変化に合わせて、正確に保険のメンテナンスをしてもらえる

 

加入後のメリット1各種保険手続きを、保険相談会社の担当者に一元的に頼むことができる

保険加入後のメリットの1つ目が、各種手続きを保険相談会社にお願いできるというものです。
これはさらに2つの場面に分けることができます。

  • 保険金請求手続き時
  • 住所変更などの各種手続き時

 

保険金請求手続き時のメリット

入院中の保険金請求手続き

保険金請求時のメリットは、保険相談会社の担当者が保険金請求関係の書類をチェックしてくれるというものです。
これの何が良いのかというと、保険金の請求漏れや減額を防ぐことができるという点です。

 

保険金請求時には、保険金請求書への記入や医師の診断書が必要となります。
保険会社では、その内容を基に保険金支払いの審査を行うこととなります。
そのため、それらの書類に記入漏れや間違いがあると、受け取れるはずの保険金を受け取れなかったり、請求が却下されてしまったりする可能性があります。

 

担当者がチェックしてくれる!

保険相談会社の担当者を通すことで、保険会社に書類を提出する前に担当者の目でチェックをしてもらうことができます。
そうすることで、記入の間違いや診断書の微妙な文言の訂正をお願いしてもらうことができるのです。
(「診断書の微妙な文言の訂正」というのは、虚偽の記述をするというわけではなく、保険金請求時に適した文言に言い回しを変えてもらうということです。)

 

これにより、保険金の請求漏れや減額を防ぐことができます。
保険金請求をするときというのは、ケガや病気をしており余裕がない時期であるため、専門家の目でチェックをして手続きを行ってくれるのは非常にありがたいメリットです。

 

住所変更などの各種手続き時

もう1つは、住所変更などの各種手続き時のメリットです。
各種手続き書類を、保険相談会社の担当者が保険会社に手配をしてくれるというものです。
これは、特に複数の保険会社の保険に入っている場合には非常にありがたいメリットです。

 

普通に生活をしていると、生命保険の登録情報変更手続きを行う機会は意外とあります。
例えば、次のような場合です。

  • 引越しによる住所変更
  • 保険金受取人変更
  • 結婚や離婚での氏名変更
  • 保険料支払い方法の変更

こうした手続きを行う際には、保険会社から手続き用紙を取り寄せて返送するようになるのですが、複数社の保険会社で保険に入っていると1社ずつ手続きを行わないといけないため結構面倒です。

自分で手続き用の資料請求を行う場合

自分で手続き用の資料請求

 

保険相談会社から保険に入っている場合、複数の保険会社への手続きを依頼することができます。
そうすることで、保険相談会社に必要書類をすべてそろえてもらうことができ、非常に手間が省けます。

保険相談会社に手続き用資料請求を頼む場合

保険相談会社に手続き用の資料請求依頼

 

保険会社によって連絡先も違えば、手続き方法も違うことがあるため、一元的に任せることができるのはとてもありがたいです。
私は保険加入後に引越しや支払いクレジットカードの変更を何度か行ったのですが、保険相談会社の担当者に連絡するだけで必要書類を一通りそろえてもらえたので非常に楽ちんでした。

 

加入後のメリット2家庭状況の変化に合わせて、正確に保険のメンテナンスをしてもらえる

子供が生まれた夫婦

保険加入後のもう1つのメリットが、家庭状況に合わせた保険のメンテナンスです。

 

生命保険は、加入したらそのままで良いということはありません。
家庭状況の変化に合わせて保険を見直していく必要があります。
例えば、次のような場合です。

  • 子供が生まれた : 死亡保障の確保+教育資金の確保
  • 家を買った : 死亡保障の減額
  • 子供が独立した : 死亡保障の減額

 

こうした時に、保険会社の担当FPが、自分の保険加入状況を知っている担当者として見直しも行ってくれます。
保険の見直しは、初めてのFPに頼んでも行うことはできますが、自分のことを知っている人に頼んだ方がきめ細かく行うことができます。

 

そのため、保険のメンテナンスを正確に行うことができるようになるのです。
これは、無駄な保険に入ることを防ぎ、保険料を節約することにもつながります。

保険相談のデメリットとは?

保険相談のデメリットを上げるとすれば…

続いては、保険相談を行うことのデメリットです。
これはあまりありませんが、強いて上げるとすれば「保険加入まで少し時間がかかる」という点です。

 

何故、時間がかかるのか

保険加入までに時間がかかるのは、FPと何度か話をする必要があるためです。

 

相談者に最適な保険を見極め、間違いのない提案をするためには最低でも2回は面談をする必要があります。

  • 1回目 : 相談者の要望を見極める
  • 2回目 : 要望に合った保険の提案

ここまで最短で行ったとしても1週間くらいです。
仕事等で面談の予定がなかなか入れられない場合は、2週間以上かかる場合もあります。

 

場合によってはさらに時間がかかることも

もし、さらに、提案を受けた保険について詳しく知りたかったり、他の保険の話も聞いてみたかったりする場合には、面談が3回、4回と増えていきます。
実際に、私は保険に入るまでに担当のFPさんと6回面談を行いました。

 

そのため、急いで保険加入を行いたい場合には、時間がかかってしまい、ややデメリットとなります。

 

ただ、保険は総額で考えると高い買い物であるため、加入はじっくり慎重に行ってほしいです。
その点を考慮すれば、時間がかかってしまうのは必ずしもデメリットであるとは言えません。

私自身、加入後のメリットを実感しています

信頼できる担当者に出会えたのは非常に大きいと感じています

保険の相談風景

ここまで保険相談のメリットやデメリットを説明してきました。
これらは、私自身の実体験をもとにまとめたものです。

 

私は、最初に保険に加入した保険相談会社の担当FPさんには、加入後の今でもいろいろお世話になっています。
それこそ、このページでご紹介した、各種手続きのことや状況の変化に合わせた保険の見直しのことでです。

 

私自身FP資格は持っていますが、保険契約時には担当のFPさんにお願いするために保険相談会社を利用しています。
つい最近も、子供が生まれたため保険の見直しをお願いしました。

 

担当のFPさんは、私の保険の状況や家計状況を把握しているため、話が非常に早く、的確な保険を提案してくれます。
こうした信頼できるFPさんとの関係が築けたことは非常に大きなメリットだと感じています。

 

保険は、一度入ると長い付き合いになります。
そのため、その保険を担当するFPさんとも長い付き合いとなります。
ぜひ、じっくりと検討をして、良い保険や担当者を見つけてくださいね。

 





おすすめ保険相談と相談時に役立つあれこれ

全部使ってみた!保険相談ランキング!

ランキング

私と妻が実際に相談を行った複数の無料保険相談サービスを比較してランキングにまとめました。プレゼントキャンペーンを行っている保険相談も紹介します!


保険相談ランキング!2018年版

自宅で相談をするメリット・デメリット

自宅にいる夫婦

保険相談を行う場所の1つに「自宅」があります。自宅での相談時に自宅にFPさんが来るため若干抵抗感もありますが、自宅ならではのメリットもあります。


自宅で相談するメリット・デメリット



ファミレスでの保険相談ってどう?

ファミレスの店員さん

私が最も多く保険相談を行った場所が「ファミレス」です。ファミレスは相談しやすくて良いのですが、ファミレスならではのメリット・デメリットがあります。


ファミレスでの保険相談ってどう?

保険相談には何を持って行けば良い?

保険相談で役立つ持ち物

保険相談サービスを利用する際は手ぶらでも構いませんが、持って行くと役に立つ物が2つあります。どんなものを持って行くと役に立つのかをご紹介します。


保険相談には何を持って行けば良い?